スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ  にほんブログ村へ

民主党の高速道路無料化 ブレていない?

 高速料金「すべてタダ」にはならない 「東名」「中央」「関越」も有料? - J-CASTニュース

 民主党マニフェストの目玉政策「高速道路料金の原則無料化」。首都高速道路と阪神高速道路以外はすべて無料化と思っている人が多い様だが、実は違う。これから渋滞などのシミュレーションを行い、有料となる高速道路名、区間が決まるのだという。 09/03

 民主党は、「首都高速 、阪神高速、東名高速の一部(御殿場まで)以外は無料化」と、マニフェストを発表する以前から公言していた。カスメディアは、無料化という部分だけを強調して報じていた。

 渋滞に巻き込まれそうな高速道路として、「東名高速」「中央道」「関越」があり、ここも有料化されるのではないか、と古館さんが尋ねたが、馬淵議員は明言を避けた。

 さすがは民主党、一寸のブレもなく、都合の悪い事でもオープンにします。(笑)

 自公の1.000円乗り放題に否定的な私としては、民主党の高速道路無料化にも、当然反対。高速道路に車を溢れさせ、CO2を増やしながら、05年比30%減(90年比25%減)のCO2削減の厳しい中期目標を掲げているのは矛盾している。

 更には、無料化による実質上の国営化は、4道路公団の民営化に逆行するし、ガソリン税の暫定税率廃止で約2.6兆円、料金収入の約2兆円がなくなる以上、行く行くは借金を税金で返済するしかなくなる。

 現に民主党は、「保有・返済機構が旧日本道路公団から引き継いだ約37兆円の債務の内、08年度末現在で約31兆円ある未返済分は国が承継。低利の長期国債に順次借り換え、60年間で償還する」という。

 大体にして、高速道路無料化は、優先的に行うべき政策なのか? 共産党は、「高速道路無料化に必要な1兆3.000億円で、子供と高齢者の医療費を無料にできる」と訴えている。税金の使い方として、それも、有りかも知れない。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ  にほんブログ村へ

CO2削減中期目標 環境“ファシズム”との戦い

 【主張】 温室ガス中期目標 「笑わば笑え」の気概こそ - MSN産経ニュース

 7%減を選択すれば、まず間違いなく膨大な金額が日本から省エネへの取り組みが出遅れている国々に流れて行くだろう。それは税金や企業が汗した収益だ。

 日本が国際削減交渉の場で示すべき中期目標としては、4%増が望ましい
。この数値では「世界の笑いものになる」という声もあるが、地球環境の将来と同時に国益が掛かった問題である事を忘れてはならない。

 各国が準備している目標値は、いずれも実現可能な範囲である。その冷徹な検討ぶりを見据える事なく、数値比べに煽られると、地球温暖化防止の為という取り組みの本質を見失う。

 日本が中期目標で高い削減率を示せば、国際交渉の場で主導権が取れて、中国などの途上国がついて来るという声もある。その見解が正しいかどうかは、京都議定書の結果を見れば明らかだろう。

 国際交渉には「笑わば笑え」の気構えも必要だ。
06/02 03:08


温室ガス削減―日本の決意を中期目標に - asahi.com

 「7%減」は土台に過ぎないと考え、国内の自然エネルギー拡大や途上国への援助など、幅広い手段を想定して削減幅を更に上積みして行くべきだ。経済大国の責任を果たす為にも、意欲的な目標を掲げる必要がある。 05/24

温暖化中期目標 ビジョン伴う数字を示せ - 毎日jp 

 中間的で、国民の支持もあるから7%でいいというほど単純な話ではない。地球の将来をどうするのか、それに応じて日本の社会をどう変えるのか。選択肢にある15%減、25%減の可能性を排除せず、大きなビジョンに基づいて数字を示す必要がある。 05/31

温暖化対策目標 将来の利益の為に - Tokyo Web

 4%増案はあまりに消極的過ぎて、交渉材料にはなり得ない。破滅を回避したいと願う日本の意志は、数字でしか表せないのではないか。

 後は、実現可能性を加味した上で、産業界にも支持がある7%減から25%減の間で目標を定め、世界に問うべきだ。 06/01


 一言で言えば、「環境ファシズム」との戦い。環境、エコを謳い、「良い事をして行くのだから、異論を唱えるのは可笑しい」という様な流れに違和感を覚える。

 日本がCO2削減の高い中期目標値を設定すれば、我々の税金が排出権購入という形で、米国に次いで2番目にCO2を排出している中国などへ流れるのは明らかである。真の国益を考えれば、90年比4%増でCO2削減に取り組むのが無難である。

 環境技術で群を抜く日本は、どの国よりもCO2削減に貢献して来た筈であり、90年比4%増でもその努力が反映されているとは言い難いだろう。それ故に、削減基準年を90年とした京都議定書に納得いかない。

 結果的には、東欧を統合した関係でCO2削減には苦労しない欧州の思惑に嵌り、「2012年までに90年比6%削減」という目標値が課せられた京都議定書に批准してしまった事が間違いの元である。

 朝日、毎日、東京の各新聞は、「意欲的な目標を掲げる必要がある」、「大きなビジョンに基づいて数字を示す必要がある」、「4%増案はあまりに消極的過ぎる」などと述べているが、日本だけが割を食う高い中期目標のCO2削減値を掲げ、世界に対して見栄を張る事が、日本の国益に適うと思うのか!?

 関連記事
地球温暖化問題 不公平なCO2削減義務(2009/03/28)

 Links 
 よくわかる政治 All About
京都議定書ほんとの基礎知識1
京都議定書ほんとの基礎知識2
京都議定書ほんとの基礎知識3
人気blogランキングへ  にほんブログ村へ

地球温暖化問題 不公平なCO2削減義務

 「温室ガス減らすと失業者増える」政府検討委が試算結果 - YOMIURI ONLINE

 温室効果ガスの大幅削減を目指すと日本は失業者で溢れかえる――。政府は27日午後の中期目標検討委員会(座長・福井俊彦前日銀総裁)で、そんな試算結果を示した。

 この試算は、20年までの温室効果ガスの目標を1990年に比べ4%増~25%減とする四つのケース別に、経済産業、環境両省所管の研究機関などが分析。省エネ規制を強化すると、エネルギーを大量に生産・消費する業種に悪影響を与えるとの見方から、雇用や国民の所得にも深刻な影響を及ぼすと結論づけている。最も厳しい「25%減」を目指す場合、「4%増」に比べて失業者数(10~20年の平均)が最大で120万人増え、家計の可処分所得(20年時点)は年間で最大77万円押し下げられるとした。 03/27 13:45


 地球温暖化の原因とされているCO2。省エネ規制を強化すると、エネルギーを大量に生産・消費する業種に悪影響を与える事は確かである。それでも、京都議定書に批准した以上は、全うする義務が生じる。

 京都議定書では、CO2削減基準年を1990年とし、日本は2008年から2012年までの間に6%削減しなければならない。しかしながら、「なぜ、1990年なのか?」という疑問の声が一部から上がっている。

 答えは簡単で、「莫大なCO2を排出していた東欧を統合した欧州は、何もしなくても大幅なCO2削減が可能で、その排出権を売る事もできるからだ」という、政治的思惑が絡んでいるからである。即ち、それを受け入るしかなかった当事の日本政府(外務大臣・川口順子氏)は、政治的戦略に欠けていたのみならず、お人好しのアホなのである。

 その点で米ブッシュ政権は賢く、他国から批判されようが、中国、インドなどの新興国が参加していない事、国内産業への悪影響、欧州諸国の思惑を見据えた上で、戦略的に京都議定書に批准しなかった訳である。

 日本政府は3月18日、ウクライナ政府から二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス3.000万トンの排出枠を購入する事で合意したが、その費用は300~400億円前後と見られ、「環境問題への取り組み」と言えば聞こえはいいが、原資は税金である。

 不公平な条件でCO2の削減目標が課せられている日本は、基準年(削減目標値)や排出権取引について、見直しの議論が必要である。そもそも、排出権売買で数値と金を動かして、地球温暖化問題が解決するのだろうか!? 世界全体で一斉にC02削減に取り組むなら、まだ理解できるが・・・。

 なぜ1990年が基準年なのか - NET EYE プロの視点

 今後の交渉に当たって必要なのは、国内総生産(GDP)や1人当たりの排出量に見合った排出削減をすべての国が実施する枠組み作りが肝心だという認識であり、マネーゲームに陥る危険のある排出量取引などを通じて日本だけが不当に大きなコスト負担を背負う「枠組み」は避けねばならない。 09/01/29



 関連記事
CO2排出権取引 正直者の日本が馬鹿を見る (2008/11/13)

 Links
「科学的検証のない温暖化問題 日本は排出権取引に参加すべきでない」 - 櫻井よしこ ブログ!
なぜ1990年が基準年になったか(EJ第2273号) - Electronic Journal
日本だけ不利な京都議定書(EJ第2272号) - Electronic Journal


R30 環境問題の革命児 武田邦彦

武田:京都議定書っていうのは、1997年ですから、ちょうど今から10年ぐらい前にね、京都に155カ国の国が集まって・・・、それで心を合わせて、1つ温暖ガス、そういったものを下げようと言って、国際的に調印したんですね。だから、日本の多くの人は、京都議定書を守って温暖化を防止しようと・・・。あなたなんか、そう思っていないですか?

国分:いやいや、そう思っていましたよ。

武田:そう思っているでしょ。今や京都議定書は、もう全然駄目になちゃって、京都議定書を守って、二酸化炭素なんか削減しようとして頑張っている国はね、155カ国の内日本1カ国になっちゃったんですよ。

国分:え、あれ、そうなんですか。(武田:そうなの) 井ノ原:みんな頑張っているんじゃないんですか?

武田:全然、削減は3カ国、大きな削減はね、日本とアメリカとカナダ。この3ヵ国は大きく削減。(国分:しないさいと) しなさいと・・・。それで、アメリカは最初から入らない。カナダは途中で離脱しちゃった。(国分:あ、そうなんですか) そう、それで、大きな国で参加してんのは日本だけね。中程度で、余り殆ど削減しなくていいよって国がヨーロッパとか、それからソ連も0%。オーストラリアはこの前参加しましたけど、+8%。ま、そういう国はね、+8%ぐらいだから、まぁ一応やろうかなと。これはありますよ。一方、中国とかインドってのは、今経済発展してます。だいたい80%増えましたね。(国分:はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、井ノ原:80%?) そうそうそう、だからまぁね、なかなか大変ですよ。

国分:別に嵌められてはいなんじゃないですか?

武田。嵌められていますよ! (国分:なんでですか?) しかも日本が今、非難されているんですよ。(国分:あぁ、もっとしろと) もっとしろと。達成してないじゃないかと。(井ノ原:こんだけやってんのにですか?) 他の国は離脱したから非難されない。だってもう、約束事っていうのはね、約束をしないよって言ったら非難しないですよ。約束を守りますよって言うから非難される。

国分:これ、先生どうにかしてくださいよ。(武田:そうです。井ノ原:そうですよ) これちょっと悔しいですね。(武田。くやしい。そうくやしい) そういう風に言われると。これだけ頑張ってんのに・・・。
人気blogランキングへ  にほんブログ村へ

CO2排出権取引 正直者の日本が馬鹿を見る

 【櫻井よしこ 麻生首相に申す】 京都議定書を骨抜きにせよ - MSN産経ニュース

 金融資本主義が危機に陥り、よりよい仕組みへの変化が必要な今、より多くの人々を幸せにし、より公正な経済運営を可能にする知恵は、実は日本のこれまでの経済運営の中、日本の仕組みの中にある。

 加えて日本には、大いなる支援を切望する米国と世界の要請に応える資金力もある。

 そこで首相が目指すべきは、日本の持てる資金と知恵を金融危機打開の為に率先活用し、その影響力を国際社会の種々の制度作りに及ぼし、日本の未来を広く切り拓く事だ。

 先ず、21世紀の地球経済のみならず、日本の経済をも左右する環境問題への取り組みについて、日本は大いに発言すべきだ。世界は京都議定書を軸にCO2排出権取引に乗り出した。それは、一番頑張った日本が不当に罰せられる仕組みである。現状のまま推移すれば、日本は確実に、米中両国やEUに締め上げられ、優れた環境技術と共に巨額の資金を不条理にも吸い取られてしまう。11/13 03:09


 京都議定書の何が問題なのかと言えば、「1990年をCO2排出量の基準年」としている事で、その基準年から2012年までに、日本、カナダ6%、米国7%、欧州8%の削減目標が課せられている。

 なぜ1990年なのか疑問が湧くが、「この時初めて、世界の国々が出している二酸化炭素の量を測る事ができたからだ」という、到底納得できないものである。更なる問題は、CO2排出量2位の中国、6位のインドなどの経済発展が著しい国が加わっていない事で、1位の米国は、それを理由に京都議定書への署名を拒否している。

 現在のところ、カナダが目標達成不可能という事で京都議定書から離脱し、実質上は日本だけになっており、6%の削減も難しいというのに、更に8.1%増える事が予想され、計14.1%も削減しなければならない。殆ど不可能に近い。したがって、排出権購入で埋め合わせるしかないが、東西ドイツなどの統一が進んだ欧州は、苦労もせずに削減目標8%の達成が可能である。更に、8%以上の余剰分が出れば排出権として売る事もでき、結局のところ、日本から金を引き出す為の包囲網に引っかかったのである。

 関連記事
排出量取引(タダのCO2)で金儲け(2008/07/14) 

 参考サイト
「ポスト京都議定書」温暖化防止に向けた日本の提案 - 外務省
ニュースにだまされるな! - 朝日ニュースター
京都議定書の行方と企業による排出量クレジットの購入 - NTTデータ経営研究所
 
人気blogランキングへ  にほんブログ村へ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

ユーザータグ

外国企業 運営権 全体主義 自虐史観 小泉元総理 A級戦犯 法務委員会 天下り団体 山岡国対委員長 党首討論 鉄鋼業界 骨抜き 毎日新聞 国家観 海上保安庁 欺瞞 海賊対策法案 基本政策案骨子 金正日総書記 独立行政法人 生活保護 福田総理 基金 特定アジア 毒米 イタリア 21年度補正予算案 特定失踪者 参議院 積立金 日米安保 NHK 妄言 国交省 排出権 追加経済対策 国後 旧社会党 海上警備行動 資金管理団体 排出権取引 メタンハイドレート 21年度補正予算 LG電子 共産党 JAPANデビュー 衆議院解散 飛翔体 自宅軟禁 ニッポンジンの忘れもの 京都議定書 事務次官 公務員制度改革 出先機関 公開書簡 香川 8・30 地域活力基盤創造交付金 産経新聞 MD アウン・サン・スー・チー CO2削減中期目標 護衛艦 日本郵政 子育て支援 問責決議案 COP15 駆逐艦「雷」 オリックス 続投 テレビ朝日 旧日本海軍 一新会 北朝鮮 岡田幹事長 日本郵便 直轄事業負担金 怪文書 政権交代 内閣人事局長 見切り発車 定年退職 温家宝 漢人 野村證券 1990年 関連法案 行財政改革 後期高齢者医療制度 スタグフレーション 参院議員会長 財務省 地球温暖化対策 21年度予算案 核クラブ 4島一括返還 渡り 無料化 少子高齢化 高速道路 株屋 マニフェスト スパイ 商標権 記録改竄 国民新党 公明党 石油 左翼 河村たかし 増税 ハガキ 違法DM 日刊ゲンダイ サブプライムローン 遺産 西松違法献金事件 マスメディア 不不動産 エネルギー 森田健作氏を告発する会 台湾 政教分離 カルデロン在留特別許可 WGIP 官僚 高速道路交流推進財団 反日 日ソ共同宣言 村山談話 94歳 ビンの蓋 借金 論文 国籍法改正案 不動産 靖国神社 民意 自衛隊 年金制度 択捉 A案 河川国道事務所 ロシア 05年比14%減 弱毒性 道路整備特別会計 Yahoo! 国防省 円より子 椿事件 ハイブリッド車 ブッシュ大統領 広告代理店 小沢傀儡 NHKスペシャル 地方自治体 トウモロコシ CO2 尖閣諸島 環境 米麦改良協会 管代表代行 公設秘書 ジャーナリスト 外交・安保 左派議員 民主党 自衛隊、思想・信条の自由 指定解除 議員定数 家電 15兆円 解散 GM 普天間基地 麻生内閣 憲法調査会 スパモニ 歯舞 ジャーナリズム 鳩山総理 EU諸国 エコポイント制度 投機マネー 政治献金 官房副長官 05年比15%減(90年比8%減) 商品券 浜田防衛大臣 鳩山総務大臣 連立 対案 理容師 プーチン首相 工藤俊作 外交・安保政策 西松献金事件 告訴 外国人地方参政権 年金 憲法改正 外国人参政権 外国人住民基本法 ヤミ専従 傀儡 抗議デモ 漢民族 憲法9乗 選挙担当 G8サミット 騒乱 海洋調査船 海上自衛隊 政治資金 河嶋功一君を探す会 河野談話 辞任 韓国人 中共 たばこ税 物品税 公益法人 真榊 地方議員 解散総選挙 選対委員長 陸山会 侵略 ミサイル開発 大坂府 アンケート 表現・言論の自由 色丹 年金問題 GW 携帯電話 軍事独裁政権 宗教団体 凛の会 政治資金規制法違反 細田幹事長 抗議する寄生者 事業仕分け 総裁選 奉納 障害者団体 小沢代表 偏向報道 国立戦没者追悼施設 地球温暖化 小沢一郎 クリントン国務長官 中国人 台湾族 竹中平蔵 参議院議員 教育委員会 発行 臓器提供 普天間 反政府 臓器移植法改正案 国家公務員改革関連法案 旧郵政公社 ソマリア 一般財源化 政治資金規正法 金権政治 航空自衛隊 政府系金融機関 予防医療 偏向番組 白山会 財政再建 刑事告発 財政出動 かんぽの宿 比例区 続投問題 習近平国家副主席 政策投資銀行 テロ支援国家 左翼団体 第2次補正予算 畠山代表 サムエル・フォール トヨタ 違法献金 国庫負担 新党 屋山太郎 米軍基地 定額給付金 田母神俊雄 永田町 国会議員 金融機能強化法改正案 麻生総理 医療機関 国債 消費者行政担当大臣 削減 GMAC 穀物 規制緩和 50% 中川昭一 話し合い解散 外交・安保 技術者 偽装認知 ヤンゴン 雇用対策 ETC 安藤忠雄 選挙協力 植民地支配 環境問題 北方領土 財源 憲法15条違反 年次改革要望書 バイオエタノール ゲンダイネット 安倍政権 豪腕 文民統制 外為法違反 言論統制 インサイト ブッシュ前大統領 抵抗勢力 エコポイント 政治資金規正法違反 破綻 週刊朝日 沖縄 改革国民会議 液晶パネル 鳩山幹事長 補正予算案 廃案 西川社長 古賀選対委員長 特別編集委員 C02削減 古館一郎 歴史観 懲戒免職 チャンネル桜 同化政策 次期主力戦闘機 領海侵犯 建築家 自民党、民主党 サムスン電子 鳩山代表 社会保障費 授業仕分け 米軍 世論調査 違法献金事件 自民目線 派遣村 参考人招致 地下核実験 党員、サポーター 財政融資特別会計 LRAD 少子化対策 国営漫画喫茶 あっせん利得処罰法 建設国債 民主党議員 柯徳三 リベラル 母子家庭 中期目標 迎撃体制 1.000円 第2次補正予算案 国策捜査 観光客 たらい回し 給付水準 国会対策委員長 消費電力 言葉狩り 既得権 合祀 憲法9条 東京地検特捜部 グロムイコ書簡 小沢幹事長 前原副代表 製粉振興会 詐欺 千葉県知事選 予算関連法案 国家公務員 ファシズム 鳩山元総務大臣 GHQ サハリン 自治労 厚労省 国民主権 福祉国家 ホンダ 起訴 基礎的財政収支国債 外務省 90年比7%減 米政府 安保理決議1718 プロパラ 母子加算 日本の、これから TBS 千葉県知事 社会・共産主義 代表戦 文藝春秋 日の丸 居酒屋 長距離音響発生装置 画面サイズ DM ビザ免除 外交防衛委員会 政界再編 道路システム高度化推進機構 国歌 賃借契約 CCTV 障害者割引 航空幕僚長 思想・良心の自由 総選挙 骨太の方針2006 新テロ特措法 メリルリンチ 寄り合い所帯 リベラル派 G7 魑魅魍魎 脳死判定 意思表示 予算委員会 ドナーカード 地デジ対応テレビ 小選挙区 文科省 旧自由党 農薬 リクルートコスモス 蒋松輝 福田政権 自衛権 ぼったくりバー 25% 子供手当て 憲法 敵基地攻撃 タミフル 歳入庁 定住外国人 F22 消費税 解散・総選挙 消費券 公共事業 石川知裕 高速道路無料化 文官統制 アジアの“一等国” 日本年金機構 テレ朝 パーティー券 大連立 拉致被害者 代表続投問題 21年度予算 F35 米連邦破産法11条 自民党員 自民党 原油 留学生 共同通信 韓国 日台戦争 西松建設 チャプター11 拉致問題 東京都議選 鳩山由紀夫 DNA鑑定 イレンザ 防衛省 EU 政権構想 マルチ商法 古賀誠 支持率 工作員 台中戦争 CO2削減 統合幕僚学校 中国共産党 パイワン族 全国学力テスト 国旗 新テロ特措法改正案 日米首脳会談 連続殺傷事件 厚生年金 プリウス 福島党首 例大祭 100年安心 通常国会 中国 森田健作 家族対策 地方参政権 海賊対策 内閣人事局 日教組 橋下知事 事務局 キャバクラ 国連中心主義 海老沢元会長 人件費削減 郵政民営化 石井紘基 大東亜戦争 ソマリア海域 無所属 台湾民族 誤報 稲田朋美 千葉景子 教育 新型インフルエンザ 福田前総理 自衛官 君が代 新興国 朝まで生テレビ 政治資金問題 環境技術 内閣不信任案 衆議院 オフレコ ユーロファイター 環境ファシズム 薬価 大学講師 クラスター爆弾禁止条約 新疆ウイグル自治区 遺棄化学兵器 参院選 敵基地攻撃能力 農道整備事業 言論クーデター 国家防衛 記者クラブ 赤字国債 国民年金 致死率 小沢代表代行 景気対策 ビルマ 辺野古 人間動物園 年金記録 大阪市 秘書官 天皇陛下 社民党 日中首脳会談 公職選挙法 財務金融担当大臣 放送倫理違反 ライス国務長官 道路族議員 名古屋市長選 日米同盟 埋蔵金 基礎年金 特別会計 子供手当 鳩山内閣 思想・心情の自由 朝日新聞 給付つき税額控除 保守派 河野太郎 集団的自衛権 第2次世界大戦 鳥越俊太郎 ミャンマー 偏向 デンソー 道路特定財源 三井住友銀行 政党助成金 歴史認識 民営化 B層 北野武 医療費 前航空幕僚長 核実験 高許月 東大 オバマ政権 メルパルク 補正予算 インサイダー 魚釣島 社保庁 霞ヶ関 国民投票法 麻生幹事長 CDM 余剰金 輿石東 騒ぎ過ぎ 出来レース 東京都議会選 オバマ大統領 議員内閣制 60日規定 友愛 持ち株比率 ウイグル人 

カウンター

クリック募金

クリックで救える命がある。

QRコード

QRコード

プロフィール

Chobi

Author:Chobi
Gibson 1989
Les Paul Custom Plus

最新コメント

最新トラックバック

リンク

awasete.com

あわせて読みたいブログパーツ

ニュース

Copyright © 眠たいニュースの雑感 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。